鈴木ひじきのチラシ裏

書きたいことを書きたいときに自由に書くためのチラシ裏のような場所。更新頻度超低め。多分参加したライブのこととか書きます。

「B.G.M Live!!(美少女ゲームミュージックライブ)2017大阪-Fandisk!!-」に参戦してきました!

どうも、鈴木海藻です。

昨日、2017年2月4日、大阪梅田・Umeda AKASOで開催されたライブ、「B.G.M Live!!(美少女ゲームミュージックライブ)2017大阪-Fandisk!!-」(以下BGM大阪)に参加してきました。

どんなライブなの?って話なんですが、所謂美少女PCゲームの曲専門のライブです。

出演アーティストも、
・AiRI
・Astilbe x arendsii
いとうかなこ
カサンドラ
榊原ゆい
霜月はるか
・はな
・仲村芽衣
・Rita
・(シークレット)yozurino*
と、普段美少女ゲームをプレイしている人なら結構知ってる人ばかりなんじゃないかなぁ、というセレクトです。

元々このBGMというライブは、東京で開催されていて、
今回大阪公演の希望が多かったためクラウドファンディングしたところ出資が集まり
大阪公演が実現した(ですのでライブ名にもある通りファンディスクという扱い)、というもののようです。

私がこのイベントの存在を知ったのは去年のことですが(大阪・日本橋で開催されたとある美少女ゲームのキャラバンイベントで、榊原ゆいさんが告知していたので)
榊原ゆいさんの歌声は好みでしたので興味を持ちましたが、その時は行くかどうか悩んでいました。
というのも、私は美少女ゲーム歴が短く、プレイしてるブランドも偏っていたため、行っても楽しめるのかなぁといった不安があったのです。
(ご存知の方も多いと思いますがオーガストが好きで、ほぼオーガストしか追いかけていませんでした)
結局その場では行くという結論を出さずに、放置状態になっていました。

そんな中開演まで1週間を切った頃、このライブの存在を思い出したのです。
ここ最近、美少女ゲームミュージックの良さ(偏見抜きでいい曲が多いんですよ、本当に)に気付き、いろんなゲームの音楽をYouTubeなどで流し聴きするようになっていました。

ですので、知らない曲でも良曲探しとして楽しめるのではないか、と言うことで、急遽チケットを取りました。
フルプライスですと特典がいろいろあったようですが、ギリギリなので特典なしのミドルプライスのチケットになりました。
(初参加でしたのでちょうど良かったと思います。フルプライスは試しに行くには少し高いですしね。でも行った後だとフルプライスも良かったなと思いました)


と、いうことでライブ当日。

自宅を出発!して梅田へ…となるところなのですが、時間があったので難波へ。
自宅にペンライトを忘れてしまったので、急遽日本橋オタロード付近のでらなんなんというお店でペンライトを購入しました。

自宅から難波は電車で10分程度ですので、自宅に取りに帰ってもオーケーだったのですが、
家にあるペンライトもオーガストライブのものしかなく、ちょうど無地(?)のペンライトが欲しかったのでちょうどいい機会かなと。

そしてオタロードを出発し地下鉄で梅田へ。

image

梅田着。ちなみにこの日はめちゃくちゃいい天気でした。

時間がもう少しあったので、阪急百貨店で暇をつぶしたりしつつ。

開場時間も近くなってきたので、会場のライブハウス(Umeda AKASO)を目指します。

image
image

会場着。少し早めに行ったので、人はまばらでした。集合時間を確認し、一旦会場から離れました。
(とどまり続けると邪魔になるため、解散するように指示が出ていました)

それまでは近所のファーストフード店でセトリ予想などを見つつ、集合時刻になったので会場に戻りました。

image

そしたらすごい人になってましたね。入り口付近の敷地は狭いので詰め詰めって感じですかね(笑

そして整理券番号を順番に呼ばれ、自分の番が来て割とすぐに入場することが出来ました。


そんなこんなで開演~って感じです。ここからはライブの感想です。

セットリストは以下の通り。

image

本当は全曲の感想を語りたいところなんですけど、そうするとクソ長くなるのでアーティスト別に好みだったものを書こうかなと(

・astilbe×arendsii
名前だけ聞くと「?」だったんですが、Ayumi.さんと柳英一朗さんのユニットだったんですね。
(Ayumi.さんはプレイ済みの『まいてつ』(Lose)というゲームでED曲を歌ってたので、知ってました)
で、1発目の『花の野に咲くうたかたの』(あっぷりけ)という作品の、『華暦』って曲が良かったです。
この作品はプレイしたことないんですが、友人からOPムービーだけ見せられてたんですよね。
和ロックはもともと好みなジャンルなので最高でしたね。1発目がこの曲なのは興奮しました。
知らない曲ばかり来ると思ってましたしね。良かったです。

・仲村芽衣
こちらも『まいてつ』でOP曲を歌ってた方だったので知ってました。
『廻るセカイで永遠なるチカイを!』(Studio e・go!)の『運命≠STARTLiNE』が歌われたんですが、実はこの曲も知ってました。
日本橋でこのゲームの宣伝トークライブイベントがあって、仲村芽衣子さんがミニライブでこの曲を披露してたんですよね。
気に入ってた曲ですし、歌っていただけて嬉しかったですね。

カサンドラ
こちらも『まいてつ』で(ry
『まいてつ』は個人的に鉄道に興味があるということもあり、とても楽しめたゲームなのですが、
曲のほうも使用されているボーカル曲が多くて、いろんな方を知る機会になったんですよね。
というわけで、『まいてつ』曲を歌ってるアーティストが今回の参加者に3人もいらっしゃったので
『まいてつ』曲が歌われないかなと期待してたのですが、カサンドラさんが歌ってくれました!
歌われたのはグランドOPの『未来行き☆列車』。
まいてつ曲の中でも重要な位置な曲で、めちゃくちゃ好きだったのでテンション上がりました。
思わず一緒に歌っちゃうくらい(笑
全く関係ないんですけどTwitterカサンドラさんの話題出すと数時間以内に絶対いいねされますね!これは悪いこと言えませんね(
※特に言うつもりもないですが…
ゲームのタイトルもブランドも初めて聞きましたが、
一緒に歌われた『あまたらすリドルスター』(Seal-QUALIA)というゲームの『星の絆』って曲も良かったです。

いとうかなこ
いとうかなこさんはどちらかと言うと美少女ゲームのイメージが薄い人でした。(個人的に)
STEINS;GATE』というゲーム・アニメ作品がめちゃくちゃ好きなんですが、そこから知った感じなので、
アニメ歌手や一般ゲームのイメージが強かったです。(STEINS;GATEは18禁じゃないですし、それ抜きでも美少女ゲーム…と言われると微妙なところですしね)
ただ『STEINS;GATE』も製作が5pb×Nitroplusなゲームなわけで、18禁じゃないだけで結局Nitroplusのゲームなんですよね。
だから美少女ゲーム歌手でもありますし、アニメ歌手でもありますし、ニトロプラス系といえばいとうかなこさんが筆頭って認識が正しいとこなんでしょうね。
で、そんないとうかなこさん、言うまでもないと思いますけどすっごい特徴的な歌い方するんですよね。かっこいいんですよ。めっちゃ好きなんですよ。
今回生で初めて聴いたんですが、歌唱力が高すぎて驚きの一言。他のアーティストさんもみんな上手かったですけど、
あまりの安定感と表現力に息を飲んだのはいとうかなこさんだけかもしれないです。本当にブレないって感じですね。めちゃくちゃかっこよくてもっと好きになりました。

そんな中でも好みだったのは『”Hello World.”』(ニトロプラス)の『Blaze up』という曲ですね。
なんか曲調もリズムも歌い方も全部好きでした。美少女ゲームの曲って本当に多様性があって面白いですね。
こういう世界の終わり感、退廃感を出してくるような曲結構好きなんですよね。

どうでもいいんですけど彼女って結構お茶目でテンション高い人なんですね…面白かった(

霜月はるか
霜月はるかさんは担当してるゲームはプレイしたことありませんが、有名どこなので知ってました。
美少女ゲームの音楽ランキングとかの動画をちょくちょく見てて登場してたりしてたので。
そこで聴いた『出来ない私が、くり返す。』(あかべぇそふとすりぃ)の『Re:Call』が結構気に入ってたんですが、
まさかのそれが歌われるという…!本当に良かったです。もっと彼女の歌を聴いてみたいって思いましたね。

・Rita
Ritaさんは色んなゲームを担当されてらっしゃいますが、自分の中でのイメージは圧倒的に『リトルバスターズ!』(Key)ですね。
友人に『リトルバスターズ!』を勧められてプレイしてめちゃくちゃいい作品で好印象でしたし、
楽曲に関してはOPの『Little Busters!』などはニコニコ動画のメドレーなどで有名だったので美少女ゲームに手を出す前から知ってました。
そんなわけで彼女のリトバス関連の曲は良く聴いていましたが、それ以外は初めてです。

自分が気に入ったのは『見上げてごらん、夜空の星を』(PULLTOP)の『Winter Diamond』という曲ですね。
初めて聴いたんですけどこの疾走感がたまりません。サビの入りとか最高ですね。
聴いてると冬の夜空の星を見たくなってきます。(ただ住んでる場所が都市部であまり星が綺麗に見えないんですよね…実家は綺麗なんですが)
前から気になる一作ですし、友人からも良作と言ってもらったので、プレイ出来る時間が出来たら購入しようかな…なんて思ったりしてます。

・はな
はなさんは元々自身が歌ってみた関係に深く関わってたこともあり知ってました。(ニコニコ動画ではうさ名義で活動してたんですよね)
今では完全に美少女ゲーム歌手という感じですが、自分としてはニコニコ動画の歌い手ってイメージもまだ強いです。
そんな彼女の曲、自分も歌い手繋がりではな名義の美少女ゲームソングも結構前から聴いてました。
『空気力学少女と少年の詩』とか超名曲ですよね。ゲームはプレイしたことないんですけどめちゃくちゃ聴いてました。

そんな中、はなさんの曲の中でも好みの
グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA-』(フロントウイング)の『Eden’s Song』とか聴けたらなぁとか思ってたんですけど
まさかの聴けました!!!数多くある曲の中で知ってるの来てめっちゃ嬉しかったですね。
クラウドファンディングで高額出資した人のみ参加できる前座のミニライブで
『空気力学少女と少年の詩』も歌われたみたいでそっちが聴けなかったのはめっちゃ悔しかったですけどね。それでも良かったです。

あと、仲村芽衣子さんとのコラボで『Kanon』(Key)の『last regrets』が歌われると言う…まさかすぎる組み合わせ…!
Kanonの曲は友人紹介で聴いたことあったんですけど本当にまさかの組み合わせでびっくりですね。
セレクト理由はKeyというかVisualArt'sが大阪を代表する美少女ゲームメーカーだから。
確かに大阪といえばVA的なとこありますもんね。Keyだけじゃなくて多数のゲームブランド抱えてますし。

・AiRI
AiRIさんは実はどんな曲歌ってる人か知らなかったんですけど、ライブ参加前に調べたら曲聴いたことありました。
『枯れない世界と終わる花』(SWEET&TEA)のOPの『永遠に咲く花』とか、『はるるみなもに!』(クロシェット)のOPの『BE WITH YOU』とか歌ってる人なんですね。
店頭でどっちもよく流れていた(はるるみなもに!の方は現在進行形で流れまくってますよね)ので印象深いです。

超昂閃忍ハルカ』(アリスソフト)の『風のように炎のように』が超アツかったです。彼女のパワフルなハイトーンボイスが映えてました。
今後は色んな曲を聴いてみたいと思います。

榊原ゆい
本ライブを知るきっかけになったアーティスト(声優でもありますが)です。
榊原ゆいさんはデビューシングルがオーガストの曲(jewelry days/オーガストファンBOX)ですので、このメンバーだと私にとって一番馴染み深いです。
オーガスト的には『夜明け前より瑠璃色な』の『Eternal Destiny』とか有名ですよね。自分もこの曲で彼女を知りました。
去年、東京・ディファ有明で開催された『AUGUST LIVE! 2016』にも出演していて、私も参戦していたので生歌は初めてではありません。
彼女の歌はパワフル系も可愛い系も両方こなせるような実力派で、今回はどう来るのか期待してました。
持ち曲も多い上に方向性も様々こなせるということで、セットリスト予想を見ても「予想は難しい」と言う意見が…そうですよねぇ(

結局披露されたのは、新曲(『姫恋*シュクレーヌ!』(Princess Sugar)のLoveMagic!という曲)…と、
『の~ぶる☆わーくす』(ゆずソフト)の『Change&Chance!』でした。

『の~ぶる☆わーくす』はプレイしたことはありませんが、タイトルは有名なので知ってました。
曲もメドレーとかで聴いたことあるので知ってました。うろ覚えではありますが…
ラストに持ってきたってこともあって大盛り上がりでしたね。うろ覚えな自分でもテンションだだ上がりでした。
サビの『Change&Chance!』の部分は全員で叫んでましたね(笑)楽しかったです。

これらのアーティストが素敵な歌を披露し、これでライブは無事終わり…!と思いきや!
そうです、シークレットゲストがいたのです!

そしてステージに出てきたのはyozucaさんとrinoのユニット、『yozurino』でした!これにはステージから歓声がw

てなわけで。

・yozurino
ダ・カーポ』シリーズ(CIRCUS)の曲を歌ってることで有名ですね。
私の友人にもD.C.シリーズが好きな人がいて(私にソフトを買ってくれて布教するくらい)、カラオケでよくD.C.曲歌ってたので知ってました。
布教されたゲームはまだプレイ出来てませんが(急かされているのでそろそろやらなければとは思ってます…)
D.C.シリーズの曲ってめっちゃいい曲多いんですよね。まさかのシークレットゲストにゲームやっとけばよかったなんて思いましたもん。

そして歌われたのは『ダ・カーポ 〜第2ボタンの誓い〜』『happy my life thank you for everything』。
どっちも聴いたことがある曲で楽しめました。
ダ・カーポ 〜第2ボタンの誓い〜』はyozuca*さんが初めて出したシングルでもう15年も前の曲になると言ってましたが、
改めて聴いても古臭さを感じさせない良曲ですね。
D.C.プレイしないとなぁ。。。

そんなわけで、BGM大阪のライブが無事終了。
終わった後の舞台トークも一人ずつ面白いコメントが聞けて楽しかったです。
『シークレットゲストだから移動中なのツイートするミスしないか怖かった』とか(笑)

最初は楽しめるか不安だったこのライブ、
美少女ゲームミュージックに手を出し始めて、まだまだ詳しくない自分でも楽しめるライブでした。

ライブの演出がゲーム風(インストールから始まり、タイトル画面からの攻略ヒロイン選択画面で
選ばれたアーティストが登場して歌う…)なのとか最高に面白かったですしね。

このBGM Live!のプロデュースはAyumi.さんがされてるようで、本大阪公演においても公演に辿り着くまでかなり苦労があったようです。
(会場の確保、メンバーの移動、権利面での交渉、費用の工面、クラウドファンディング関連、考えただけでもキリがないですよね)
他の出演者が最後のトークでAyumi.さんに感謝の言葉を述べてましたが、本当に観客としてもありがとうございましたという感じですね。

大阪に住む者として、大阪でこういう美少女ゲームミュージックシーンを盛り上げる活動をしていただけたのは本当に嬉しかったです。
もし次大阪で開催するお話が出た際には、クラウドファンディングへの出資など出来たらいいなぁと思ってます。

BGM東京には予定の都合で行けそうにないのが残念ですが、またBGMに参加出来る機会があれば積極的に参加していこうと思います。

以上、BGM大阪ライブレポでした。


image
image