鈴木ひじきのチラシ裏

書きたいことを書きたいときに自由に書くためのチラシ裏のような場所。更新頻度超低め。多分参加したライブのこととか書きます。

美少女ゲーム音楽系イベント『なごりん』に参加してきました

image

2017年7月8日、名古屋・栄のTransit Studioで開催された、美少女ゲーム音楽系イベント、『なごりん 名古屋×シンアイ彼女編』に参加してきました。

このイベントを知ったのは、私は作曲家のMeis Clausonさんの作る曲が本当に好きで(知ったキッカケは『フレラバ』というゲームの『quantum jump』と言う曲と『俺の彼女のウラオモテ』というゲームの『Knowing』と言う曲なのですが)、『Meisさんの曲いいよなあ』とちょくちょくTwitterに呟いていたら、フォロワーさんから『こんなイベントが今度あるよ』と紹介してもらったのが始まりです。

この『なごりん』と言うイベント、いわゆるクラブイベントで、DJさんがクラブで美少女ゲームソングをかけて、好きな人同士で語ったり、曲に合わせて体を動かしてみたり、大音量で美少女ゲームソングを楽しみましょう、というイベントなのですが…(最近はアニメソングのクラブイベント…アニクラとかも多いですよね)

このイベント、それだけではなくゲストとしてなんと『Meis Clauson』さんと、Meisさんと一緒に同人サークル『Primary』でボーカルをやっていて、美少女ゲームソングなども歌っている『yuiko』さんのお二人がゲストで登場して、ライブとトークをやってくださる!というのです。

実は私は、クラブDJイベントには少し抵抗があって、今まで参加したことがなかったのです。私は大阪に住んでいますが、大阪でも数多くのアニメソングや美少女ゲームソングのDJイベントが行われていることは知っていました。

しかし、『このジャンルは詳しくないから知らない曲ばっかりかも…』『初めての人が混ざっても大丈夫なのかな…』『なんとなく入りづらい』などのイメージがあって、なかなか足を踏み入れることができなかったのです。

しかし、今回の『なごりん』は、大好きなMeisさんとyuikoさんが来るとあって、勇気を出して参加してみることにしたのです。

そんな思いで大阪を出発して、楽しみと不安が入り交じったまま名古屋へ。

実際に入ってみると、フロアの奥にDJさんがいて、曲をかけて繋いでいて、その曲のゲーム映像をVJさんが映していました。

隅っこで曲をじっと聴いている人、前の方で体を動かしてる人、お酒をカウンターで飲んでいる人、色々いて、楽しみ方もそれぞれなんだなぁと。

知らない曲でも『こんな曲あるんだ!この曲好きかも!このゲームやったことないけど曲いいなぁ!』という新しい発見や、知ってる大好きな曲がかかると『あっこの曲めっちゃ好き!!!最高!!』って感じで、いろんな曲が大音量で聴けるというのは、こんなにも楽しいことなんだなぁと思いました。

曲に合わせてなんとなく体を動かしたりお酒飲んでるだけでも本当に楽しかったですね。

思ってた不安が一気に払拭された感じです。

そしてDJパートは一旦終了で、お待ちかねのMeisさんとyuikoさん登場タイム。

『Primary』の曲を最近聴き始めて、Meisさんの作る曲はもちろん、yuikoさんの歌も大好きだなぁ、と思ってたので本当に登場するだけで死ぬほど嬉しい(大げさかもですが本当に嬉しかったです。

yuikoさんライブタイムで披露されたのは以下の曲。

もちろん全部作曲:Meisさんです。

1.風の彼方 / プリ☆さら OP
2.桜色の願い / さくら色カルテット ED
3.petit bonheur / あなたに恋する恋愛ルセットOP
4.小さな甘い恋 / あなたに恋する恋愛ルセット ED
5.恋空 /あおぞらストライプ ED
6.東の空から始まる世界 / 恋×シンアイ彼女 ED
7.GLORIOUS DAYS / 恋×シンアイ彼女 挿入歌

実はyuikoさんボーカルの曲は恋カケの曲以外聴いたことがなかったのですが、知らなくても一発で好きだ!ってなる曲とボーカル。もう一発聴いただけで好きになりました。そして『東の空から始まる世界』『GLORIOUS DAYS』は本当に聴きたかった曲なのでこれが生で、目の前で聴けるなんて感動モノです。本当に最高の一言です。本当にありがとうございました。

そしてそんな最高のライブパートはあっという間に終わってしまい…

yuikoさんとMeisさんのトークパート。

もうぶっ飛んでました。いい意味で(笑)

Meisさんが一番前にいるお客さんにお酒のおつかい頼んでトークライブ開始早々に飲みだしたり、スマホを出して『カンペ』って言い出したり…

大きいイベントのトークライブだと出来ないような、なんでもありな雰囲気の進行で本当に楽しかったです。

ライブタイムで披露された7曲についてのエピソードなんかも聴けて、ここでしか聴けないようなマル秘なお話もたくさんして頂きました。

ライブパートもトークパートも最高なまま、ゲスト登場タイムは無事に!?終了しました。

その後DJタイムが再開されましたが、ゲストのライブパートとトークパートでテンションが上がったまま中こちらでも大好きな曲が次々かかりテンションは最高潮。

時間が経つのはあっという間で…最後のDJ、最後の曲。

最後がDucaさんの『コイイロセカイ』で締められたのは本当に良かった。

yuiko×Meis Clausonな組み合わせも大好きなのですが、Duca×Meis Clausonの組み合わせもめちゃくちゃ好きなんです。その中でもトップレベルに好きなこの曲がラストに流れるなんて、もう感動以外の何物でもなかったです。

そんなわけで、あっという間に楽しい1日は過ぎていきました。

会場を出る前に、出口近くにMeisさんとyuikoさんがいたので、お礼と応援の言葉を伝えるために声をかけさせて頂いたのですが、最後にお二人ともから握手までして頂けました。

お話しできるだけでも、応援の言葉を伝えられるだけでも本当に嬉しいのに、まさかの握手までして頂けるなんて、本当に冗談などではなく一生の思い出モノになりました。

素敵な曲と歌を本当にありがとうございました。これからもお二人を、『Primary』を応援しています。

また新譜を買いに、M3などのイベントに訪れることが出来たらと思います。

そして、『なごりん』という素敵なイベントを企画してくださった方と、他のDJ・VJ陣にも感謝ですね。

このイベントが、今後同様のクラブイベントに参加するための第一歩となりそうです。

きっかけを頂けて、本当にありがとうございました。

また『なごりん』が開催される際には、ぜひ参加出来たらと思います。

以上、感想でした!